ごあいさつ

第八回はんだ山車まつり 実行委員会 会長

第八回はんだ山車まつり 実行委員会 会長

「第八回はんだ山車まつり」の開催にあたり、関係者の皆様には多大なご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。昭和54年に半田青年会議所の15周年記念事業として第一回目が開催され、回を重ねるごとに全国へ誇れるお祭りに成長してきました。当時私も実行委員の一人として運営に携わり幾多の困難がありましたが、これまでの一生のうちでこの上なく充実した日々であり、今でもその熱い想いがこみ上げてきます。

さて、今回の第八回はんだ山車まつりのテーマは「美」であります。祭りは華であり、山車を曳く祭り人の心も華そのものです。そこには、友情・心意気、その熱き思いが人と社会の連帯・調和・規律を生み出すものと考えております。50年先、100年先、さらにその先を思い描く時、古き良き伝統を後世へ末永く伝承していくために、豪華絢爛な山車の保存はもちろんですが、それを挙行していく祭り人に求められるものが美しい品格であります。半田の祭り人はそれを備えていることを、お祭りにお越しになるお客様にも感じとっていただけると信じております。

多くの半田市民、事業者、団体等が参画し、山車31輌を結集するこのはんだ山車まつりは、地域に滞まることなく全国に届く素晴らしいお祭りであります。

半田が誇る山車まつりに是非お越しください。

第八回はんだ山車まつり実行委員会 会長 山田 正行

半田市長

半田市長

本年10月7日(土)、8日(日)に5年に一度の「はんだ山車まつり」が開催されます。

今回で第八回を迎えるはんだ山車まつりは、回を重ねるごとに祭りの内容も充実し、またそれに伴い知名度も上がり、全国から多くの方にお越しいただけるようになりました。これも、実行委員会を始め、各山車組、半田山車祭り保存会、関係各位のご尽力のおかげと厚く御礼申し上げます。

「はんだ山車まつり」は、市内10地区31の山車組が共存する、唯一無二の半田市最大のイベントであります。精緻な彫刻や華麗な刺繍幕などに装飾された総勢31輌の山車が勢揃いする様子はまさに圧巻であり、見る者の心を魅了します。そんな本市の歴史と文化の象徴であるこの山車まつりが、市制80周年となる今年の10月に開催されることは、誠に意義深いものと考えます。

多くの皆様に半田の美しい山車、美しい祭り人の心意気を見て、聞いて、感じていただけるよう、おもてなしの心を持ってお迎えいたします。

ぜひ第八回はんだ山車まつりへのお越しをお待ちしております。

半田市長 榊原純夫